仕事の効率が劇的にアップする方法とは

仕事の効率をアップさせる方法

効率的に仕事をするとは

スケジューリングをする際には、長期的なものと短期的なものとを使い分けると良いでしょう。 TODOリストに関しては、その日ごとに作成するのがベストです。 前日の仕事の進捗状況によってやるべきことが変わってくるかと思いますので、その都度考えましょう。

スケジューリングとTODOリスト

仕事の効率化を図ろうと考えてはいるものの、日々の忙しさに負けて、ついつい考えたり実行したりすることを後回しにしてしまってはいませんか?
まずは1か月に1つ、何か効率化できることを考えて実践してみませんか?
そして2週間毎、1週間毎といったスパンで、ちょっとしたことでも改善できる余地がないか探してみましょう。
そのようなことに目を向けながら日々業務に取り組むことが、仕事の効率を劇的にアップさせることにつながります。
数日間で、「劇的に」効率よく仕事をしようというのはなかなか難しいことです。
まずはあなた自身の意識改革から始めましょう。

では、仕事を効率化するためにはどうすれば良いのでしょうか。
一言で示すならば、とにかく「無駄を省く」ということに尽きます。
ちょっとした作業の、ちょっとした「無駄」の積み重ねが業務全体の効率を悪くさせているのです。
そして習慣的に業務をこなしていると、なかなかそれに気づくのが難しくなってしまいます。
だからこそ、先に述べた意識改革が必要になってくるのです。
無駄なことはないか、なぜこのような無駄が生まれているのか、どうすれば解決するのかなど、常にアンテナを張っておきましょう。

業務内容やあなたの立場によっては、例えば所属している部署全体に作業の効率化を浸透させるといのは難しい場合もあるでしょう。
しかし、自身の作業に限ったことからでも構いません。
あなたの仕事で効率化できることはないか考えてみましょう。

おすすめリンク

何に無駄な時間を割いているのか

普段、無駄に時間がかかってしまっていると感じる作業はないでしょうか。 もしくは改めて考えてみると、時間短縮できたり、省いたりできるようなこともあるのではないでしょうか。 そういった問題意識を持ちながら、日々の業務について考えてみることも大切です。

スマホを「使いこなす」

あなたはスマホを使いこなせていますか?と聞くと、多くの方がYesと答えるでしょう。 しかし仕事のために、特に効率化するという視点で、スマホの機能をしっかりと使いこなしているかという質問になるとどうでしょう。 まだまだスマホを活用できそうな余地があるのではないでしょうか?